今日からファレンドブログを担当することになりました。菜都(なつ)です。
できれば毎日、私のいろいろな日常について書いていこうと思うので、
読んでくださったみなさんは、男女とはずにコメント頂けたら嬉しいです。
宜しくお願いします。

そんなこんなで、今日はすごく暑いですね( ´_ゝ`)ノ
ビックリするほどの暑さですが、GWもとっても良い天気でした。 
みなさんはどんなGWを過ごしたのでしょうか??

私はですね、ファレンドブログを担当すると言うことは、何かのオタクなんですが、
自分ではオタクとは思っておりません。


そんな私のGWに行ったイベントの事を書こうと思います。

私、30代なんですけど、別冊マーガレットが大好きなんですよ。
13日になると、発売日なので必ず買いに行きます。
コンビニには行きません、コンビニでわ別冊マーガレットは売り切れか置いてない店舗が多いので、
買えないとイラッとして機嫌が悪くなるので、必ず本屋さんに買いに行きます(・∀・)つ

その、別冊マーガレットとマーガレットが50周年なんです。素晴らしいΣ(゚д゚;)
丸ビルで展覧会とカフェをやるという情報を得ていたので行ってきました。

東京駅のすぐ近くの丸ビルでやっていたんですが、
まずはカフェから・・・・・・・・・

20130505_123737

このメニューを見ただけではまだまだ興奮はさほどなかったのですが、
カフェの中はとんでもなく素晴らしいものになっていましたよΣ(・ω・ノ)ノ
カフェの机がラブコンやら、好きって言わせる方法、などのいろいろなマンガが描かれていました。

20130505_130152

でもでも、私が感動したのは懐かしすぎるこの作品!!
20130505_124445

降っても晴れてもです。ヒロ~と叫びたくなるほどの懐かしさ!!
藤村真理さんだよ、今も連載していたりしますが、やはり若い時に読んでいた作品までもがきちんとある
という事に感動。当時は藤村真理さんからたくさんの癒しをもらったものです。

しかし、しかし、しかし、私が一番大好きな別冊マーガレットの先生はこの人20130509_003457

いくえみ綾先生ですよ(`・ω・´) 
この人、本当にすごく良い話を描いてくれるんです!!
このI LOVEHERは私が別マを買うというきっかけを作ってくれた作品です。
本当夢中になって読んで、マンガの世界に入ってしまって、おばあちゃんを呼ぶときに、しんちゃんって
口走ってしったくらいです。
もう~、本当にいくえみ男子ラブですよ。かっこよすぎなんですよ。新堂先生LOVE。
毎回いくえみ先生のマンガの中の場所は北海道です。いくえみ先生が北海道出身だからです。
どの作品も大雪的な日が描かれています。
バラ色の明日・ハニバニ・おすすめボーイフレンド・潔く柔くどれもこれも本当に当たりな作品ばかり。
時間のある方は読んでみてください。そして感想を教えてくださいね。

でもいくえみ男子みたいな人が会社とかに入社してきたら、隣の部屋で小躍りしてしまうぐらい
興奮してしまいそうです。入社してきたら絶対この出会いを逃しません。

話、脱線してますが、マーガレットカフェはたくさんの漫画家さんの作品の机でランチが食べれ、
たくさんのマンガ本も置いてあって読めたりと、とても良かったです。


次は7階にある展示室(´∀`*)

入り口入ってすぐにサイン色紙がたくさん貼ってありました。
きら先生のまっすぐに行こうに出てくるマメの色紙が印象的でしたが、
やはり最近大人気の漫画家さん達の色紙は人が群がってました。
20130505_132411
20130505_132246

さすがにアニメにもなっている君に届けはみなさん知っているでしょう。
幸田もも子さんも切ない片思いを描くのが本当うまいです。ブラボーです(´∀`)
別マもマーガレットも50周年ですよ、なのでお客さんも年齢層がバラバラだし、男性も女性もきていましたが、
同じイベントにこんなにもいろいろな人たちが来て、各々、見方は違うけど楽しんで帰って行ったことと
思います。やっぱり漫画はいいね、何歳になってもドキドキワクワクをさせてくれて、
いろいろな気持ちを教えてくれて、いろいろな言葉を教えてくれます。
年表をみていて本当に私っていろんな作品を読んできたんだなって感じました。
わぁ~こんな昔だっけと思う作品もありましたよ。

まだまだ私のお勧めする少女漫画はたくさんありますが、今日はこんなところで終わりにしておきましょう。
最後まで読んでくださってありがとうございました。( ´∀`)つ
一番初めのブログなので硬い感じになってしまいましたが、慣れてきたらだんだんと言葉遣いも悪くなって
きそうですが末長くお付き合いをお願いします。
ファレンドもいよいよ婚活活動を開始しますよ。婚活で気になる事などあったら気軽に問い合わせください。

菜都(なつ)でした。